アクセスカウンタ

つぎの峠につづく

プロフィール

ブログ名
つぎの峠につづく
ブログ紹介
08年夏から乗り始めてすっかりはまったロードバイクでの峠巡りの日々の記録。ブログタイトルはR・A・ラファティの短編集「つぎの岩につづく」から。
09年は埼玉の峠中心、10年は奥多摩の峠を中心に巡っています。
zoom RSS

ハセガワの1/72 二式大艇一二型(新版)製作再開

2018/04/16 01:00
年末に少しだけ手を付けたのだけど、あまり気が乗らず、放置気味だったハセガワの2式大型飛行艇。
その後、仕事の超繁忙期に入り、完全に放置していた。ようやく嵐が去り、時間が取れるようになったので、製作を再開。

一番面倒くさいと思われるフィギュアに取り掛かる。
フィギュア無しを選択すべきだったかもしれないが、1/72なのに表情がはっきりわかる素晴らしい精度で、使わないともったいない。失敗したら乗せなければいいし。それにしても、全部で11体も作らなければいけないのはつらい。
11人って、サッカーチーム出来るよ!

パーティングラインをデザインナイフで削って、1000番で気持ちなだらかにしただけ。
腕の角度を塗装してから合わせるのはしんどいので、腕の角度に設備を合わせる方針。首は別塗りして後からつける。
画像

影を作るための黒サフ吹いて
画像

画像

薄く白を吹く。胴体をホワイトサフで吹いたら粒子が荒すぎた。ヘッド部はラッカーの白を吹くことにした。
塗り忘れて後から出てきた首が二本ある。
画像

機体の進捗はこんな感じ。

次の工程は、床と壁を汚して内装を仕上げ、フィギュアの11体塗装して、すべての窓のマスキング。

気が遠くなるなぁ。ゴールデンウィークには機体の塗装に入りたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


埼スタ 浦和レッズVS清水戦

2018/04/15 22:55
大槻監督代行になってから、ポジティブな話題が増え、チームの雰囲気が大きく変わった。
MDPに書かれたコメントなど読むと、メディアを使った発信力という点でも、高い能力のある人。
もっと経験を積んでいけば、知情のバランスの取れたいい指揮官になれるかもしれない。

今日も自走で埼スタ。大門の信号までの渋滞がまったくなく、今日もあまり客入り良くないのかなと思いながら選手入場と同時に着席。(2万7千くらいだった)
画像

今日も南の220ゲート周辺。
画像
岩波がマルティノスとナバウトの間にいるのが気になる。何話しているんだろ…。にこやかに談笑しているが、マウリシオの負傷でこの後急きょ出場することになることになるのであった…。
画像

前半半ばに、興梠がスーパーなヘッドで連続ゴール。2本とも結構遠い位置なのにすごい技術。
菊池と橋岡のアシストがついたのは良かった。でもこの2本以外に決定機はほとんどなかったような。
後半のナバウトのスーパー宇宙開発くらい?
画像

後半は橋岡が足をつって足を何度も伸ばしつつ、ベンチに大丈夫!とジェスチャーする熱い姿に感動。
失点シーンではマーク外したが、一対一ではほぼ完勝。外に出さずに、完全に奪って持ち出すプレーを試みるのがいい。
画像

槙野も故障があるみたい。あまり時間稼ぎで倒れこんだりはしない選手だから上の場面は驚いた。
画像
終盤は清水に不利なミスジャッジがあったりして相手監督がキレ気味だった。
画像
いろいろアクション大きくて絵になるので、カメラ持つとついつい撮りたくなる監督。
画像
2対1で勝利。
試合内容は、いつもと同じく、後半に押されっぱなしになるのはいただけないが、
結果逃げきれているので、勝ち癖がついていると言えなくもない。
画像
西川の今日のGKユニはヤドクガエルの一種か、スズメガの幼虫みたいな色で微妙だった。
画像

王国浦和の弾幕、試合中は下段だったのに、試合後に中段にわざわざ移動して煽るスタイル。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年初埼スタ 浦和レッズVSベガルタ仙台戦

2018/04/07 22:02
今年初埼スタはVSベガルタ仙台。
堀監督が解任され、大槻監督代行の二試合目、ホームは初采配の試合。
ビアンキの黄色ピスタでいつものように自走で埼スタへ。
片道20qなので、1時間ほど走ってキックオフ直後に到着。
画像

今日は南220ゲートの前段でまったり。周囲が少年少女サッカーチームとその保護者だった。最近の子供はフォーメーションの数合わせなんかの話をしながら観戦してたりしてて、よくいるヤジラーやセルフ実況解説君よりよっぽど観戦眼がある…。

前半はかなりいい展開を何度か作り、早い時間帯に興梠がDFをこかした上、キーパーも寝かして先制ゴール。
前半30分までは、今シーズンでも屈指のいい出来だった。
画像

画像
槙野と石原。石原は他チームとの試合観てると、一人だけ別格感があったが、今日はイマイチだった。

以降は攻められる時間が長かったが、カウンターはそれなりに危険な香りもあり、
防戦一方だがそれだけではない、という時間が続く。
画像
入ってすぐに負傷してしまった森脇
画像
なんかナバウトはオーラがある。あまり守備はうまくないかも。
終盤のCKに槙野が上がらず、何としても守り切る、という勝利へのこだわりがしっかりと感じられ、悪くない試合だった。
1点を守り切る締まった試合は好き。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


樹林公園走 10q

2018/02/04 22:29
休日出勤があり、帰宅が21時。21時25分くらいから10q走る。

金曜に走ったとき、右脚太ももからふくらはぎの裏全体に張りが出たが、ストレッチでだいぶ緩和された。
樹林公園まではジョグ。走り始めに左足裏にソールがはがれているような違和感。踏んだ時に足裏に出っ張りがあるような感じ。少し止まって確認するが、靴裏には何も異常なし。足裏自体になにか異常が出てる感じ。しばらく走りに集中して違和感をあえて無視して極力自然に走っていると、2qほどで次第に違和感が消えていった。

樹林公園についても痛みやハリあったら軽いジョグにしようと思っていたが、そこまでおかしなところはなさそうなので、ペース走で走る。4分30秒以下を目安で6周走る。

距離:10.01 km
時間:0:47'00"
スピード:4'41" /km
心拍:150 bpm(133-166)

【不調箇所など】
今日は両ふくらはぎ裏部分が痛くなった。膝は最後の方に左ひざに少し痛みが出た。ただいつも辛い脚の裏の痛みが出なかった。
ゲルカヤノ23で走るときと、ゲルフェザーグライド4で走るときはダメージが出るところが違う。より軽くて、薄めのクッションのゲルフェザーグライド4で走ると、今のところ筋肉の痛みが多いので、安心感がある。ゲルカヤノ23だと膝関節の奥深くから痛みを感じ、治りが遅い感じ。

今日のBGMもブルックナーの交響曲第7番、ヨッフム&ベルリンフィル。
去年走り始めた時から、SONYの携帯プレイヤーで音楽を聴きながら走っているが、その頃からほとんどブルックナーを流して走ってる。好きか嫌いかで言えば、さほど好きな作曲家ではないんだけど、ランニングにはブルックナーを少し薄目に流すとちょうどあっている。
ニュアンスの細かい、集中力を要する音楽はちょっとランニングにはあわない。ドビュッシーとかメシアンとか曲を追えないから無理。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


樹林公園コース 10q走 緩め

2018/02/02 23:59
帰宅が23時ちょいだったので、少し疲れてはいたが、軽く走ることにした。
繁忙期まっさかりなので、今後いつ走れるかわからない、少しでも走れる時に走っておかないと。

日曜に20qを走った後遺症はけっこう大きく、水曜までは両膝の違和感と、左足裏の中指薬指付け根あたりの痛みが続いていた。木曜にようやく走れるくらいにまで戻ったが、降雪に業務多忙にて走れず、間が空いてしまった。今日はゆっくり走るジョギングというものにチャレンジするつもりで走り始めた。

さいわいにも昨日降った今年2回目の降雪は、雨でだいぶ溶け、1月半ばの残雪もだいぶ姿を消していた。
久しぶりに走りやすくなっている。

序盤はゆっくり6分台で走り出すが、次第に少しペースがあがってしまう。今日の靴はゲルフェザーグライド4。アシックスの銀座ストアで足形を撮って、二足目として購入した。
印象としては、ゲルカヤノ23に比べてダイレクト感が強い。固さは恐れていたほどではないものの、やはりそれなりにすねからふくらはぎに衝撃を感じる。軽さは感じるが、まだそれをスピードに結び付ける能力が、自分にはない感じ。

距離:10.04 km
時間:0:50'55"
スピード:5'04" /km
心拍:143 bpm(52-184)

【不調箇所など】
痛みは序盤は毎回痛む箇所が変わる。4kmくらいの地点から、右脚の裏面全体、ハムからすねにかけて広い範囲が痛くなる。痛みが続きやすい左足裏に負担がかからないように走っていて、負担がそのあたりに集中して、疲労がたまった感じ。使いすぎの筋肉痛みたいな痛み。
アシックスの銀座ショップで靴を買うときに、私の足の特徴として左足の方が強いといわれたが、それも影響しているか?また、カヤノに比べ、薄いクッションの新しい靴のため、接地時の衝撃の受け方や大きさも変わっているのも感じる。こちらの靴の方が、早く足が消耗する感じだが、路面からの衝撃はゲルカヤノに比べて自然に感じた。左足裏のいつも痛い個所が痛まなくなるのはプラス。
今日は最終的には、左膝前の中心あたりと右脚裏全体に痛みが残った。

ラン時のBGMはブルックナー交響曲第7番、ヨッフム&ベルリンフィル
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初めての20qラン

2018/01/28 23:33
大阪国際マラソンを30qくらいから見る。
自分で走るようになると、速いランナーの横から見たフォーム、特に足の動きと接地の仕方がすごく気になるようになる。自分はフォームが我流なので、正しく走れているかとても不安。


16時15分くらいから走りにいく。今日は初めての20qを走ってみるチャレンジ。
家から樹林公園まで心持ちゆっくり走り、公園の1q周回コースを16周で、往復の距離を足してだいたいちょうど20q。
いつもは夜走っているので、自分以外に走っている人がいないが、今日は日があるうちに走り始めたので、1周で3〜4人とコース上で遭う感じ。のべ15〜20人くらいは同じコースを走っていた。
シューズはいつものゲルカヤノ。なるべく同じくらいのペースでちょうど20km走れそうな無理のない強度で走る。だいたい1qを4分30〜40秒くらいですべての周回を走った。後半落ちたりはあまりしなかったので、イーブンペースで走るのはわりと得意なのかも。

距離:20.1 km
時間:1:34'07"
スピード:4'40" /km
心拍:156 bpm(98-181)

【不調箇所など】
今日は、走りはじめは、両膝前のやや外側が少し痛くなったが、しだいに痛む場所が変わり、両膝前の内側が痛むようになる。終盤は左足付け根の内転筋のあたりに痛みを感じた。あとは左足裏の中指・薬指の付け根当たりも時間によって少し痛む。いずれも、うまく力を抜けて走れているときはそれほど気にならない程度の痛み。走りには影響はそれほどないが、痛みなく走れることがあまりないのは悩み。

いろいろ読むと、6分/1qくらいのゆるいジョグをたくさんこなして足をきちんと作れ、みたいな話をよく読むので、そういう練習をしないとダメなのかなぁと思う。
ランニングコースを走っている時はさほど辛くなかったが、帰り道で歩道橋の階段を駆け上るとけっこう膝が痛い。あとは上腕も重い。右腕の方がより疲労度を感じたが、LEDライトの腕輪をつけている重みのためと思われる。20qはしるとそれなりに体にダメージを受けるというのを感じた。

【その他メモ】
・天候は晴れ〜曇り、気温は3.2〜1.3度(さいたま市)、風はほとんど感じず。
・路面は先週木曜日に走ったときより少しはマシになっていた。アプローチは凍った路面が3割程度、コースも2程度は雪&氷の上を走る感じ。
・ラン時のBGMはベルリオーズの「レクイエム」、サー・コリン・デイヴィスのLSOライブ。ディエス・イレとラクリモサの金管のコラールがとてもかっこいい曲。ほかの楽章があまり印象に残らない。自分の足音に集中して走っていると音楽は流し聴きになってしまう。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PS4、モンハンワールドを買う

2018/01/27 23:31
仕事が超繁忙期に入りつつある。

今日は朝10時くらいから19:30まで休日出勤。その後軽く飲み。
21時30分に飲み会を抜けて、PS4で本日発売されたモンスターハンターワールドを購入しにいく。

モンハンは超人気タイトルとは知っているが、まったく過去作をプレイしていない。
職場の同僚の猛プッシュで押し切られて買った感じ。
途中から入るユーザーはお約束的なものがわからないし、正直そんなに気が乗らない…。
ビックロでは売り切れていて、ヤマダまでわざわざ戻って購入。

キャラクターメイキングですでに面倒くさくなってきた。ビジュアル的に楽しめるのが自分にとって重要なので、女性キャラにてプレイすることにした。
キャンプに辿りついたあたりまでで終了。忙しいこともあるし、たぶんあまりのめりこんでやるらないと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

つぎの峠につづく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる