つぎの峠につづく

アクセスカウンタ

zoom RSS 樹林公園コース 10q走 緩め

<<   作成日時 : 2018/02/02 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帰宅が23時ちょいだったので、少し疲れてはいたが、軽く走ることにした。
繁忙期まっさかりなので、今後いつ走れるかわからない、少しでも走れる時に走っておかないと。

日曜に20qを走った後遺症はけっこう大きく、水曜までは両膝の違和感と、左足裏の中指薬指付け根あたりの痛みが続いていた。木曜にようやく走れるくらいにまで戻ったが、降雪に業務多忙にて走れず、間が空いてしまった。今日はゆっくり走るジョギングというものにチャレンジするつもりで走り始めた。

さいわいにも昨日降った今年2回目の降雪は、雨でだいぶ溶け、1月半ばの残雪もだいぶ姿を消していた。
久しぶりに走りやすくなっている。

序盤はゆっくり6分台で走り出すが、次第に少しペースがあがってしまう。今日の靴はゲルフェザーグライド4。アシックスの銀座ストアで足形を撮って、二足目として購入した。
印象としては、ゲルカヤノ23に比べてダイレクト感が強い。固さは恐れていたほどではないものの、やはりそれなりにすねからふくらはぎに衝撃を感じる。軽さは感じるが、まだそれをスピードに結び付ける能力が、自分にはない感じ。

距離:10.04 km
時間:0:50'55"
スピード:5'04" /km
心拍:143 bpm(52-184)

【不調箇所など】
痛みは序盤は毎回痛む箇所が変わる。4kmくらいの地点から、右脚の裏面全体、ハムからすねにかけて広い範囲が痛くなる。痛みが続きやすい左足裏に負担がかからないように走っていて、負担がそのあたりに集中して、疲労がたまった感じ。使いすぎの筋肉痛みたいな痛み。
アシックスの銀座ショップで靴を買うときに、私の足の特徴として左足の方が強いといわれたが、それも影響しているか?また、カヤノに比べ、薄いクッションの新しい靴のため、接地時の衝撃の受け方や大きさも変わっているのも感じる。こちらの靴の方が、早く足が消耗する感じだが、路面からの衝撃はゲルカヤノに比べて自然に感じた。左足裏のいつも痛い個所が痛まなくなるのはプラス。
今日は最終的には、左膝前の中心あたりと右脚裏全体に痛みが残った。

ラン時のBGMはブルックナー交響曲第7番、ヨッフム&ベルリンフィル
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
樹林公園コース 10q走 緩め つぎの峠につづく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる