アクセスカウンタ

<<  2018年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


樹林公園走 10q

2018/02/04 22:29
休日出勤があり、帰宅が21時。21時25分くらいから10q走る。

金曜に走ったとき、右脚太ももからふくらはぎの裏全体に張りが出たが、ストレッチでだいぶ緩和された。
樹林公園まではジョグ。走り始めに左足裏にソールがはがれているような違和感。踏んだ時に足裏に出っ張りがあるような感じ。少し止まって確認するが、靴裏には何も異常なし。足裏自体になにか異常が出てる感じ。しばらく走りに集中して違和感をあえて無視して極力自然に走っていると、2qほどで次第に違和感が消えていった。

樹林公園についても痛みやハリあったら軽いジョグにしようと思っていたが、そこまでおかしなところはなさそうなので、ペース走で走る。4分30秒以下を目安で6周走る。

距離:10.01 km
時間:0:47'00"
スピード:4'41" /km
心拍:150 bpm(133-166)

【不調箇所など】
今日は両ふくらはぎ裏部分が痛くなった。膝は最後の方に左ひざに少し痛みが出た。ただいつも辛い脚の裏の痛みが出なかった。
ゲルカヤノ23で走るときと、ゲルフェザーグライド4で走るときはダメージが出るところが違う。より軽くて、薄めのクッションのゲルフェザーグライド4で走ると、今のところ筋肉の痛みが多いので、安心感がある。ゲルカヤノ23だと膝関節の奥深くから痛みを感じ、治りが遅い感じ。

今日のBGMもブルックナーの交響曲第7番、ヨッフム&ベルリンフィル。
去年走り始めた時から、SONYの携帯プレイヤーで音楽を聴きながら走っているが、その頃からほとんどブルックナーを流して走ってる。好きか嫌いかで言えば、さほど好きな作曲家ではないんだけど、ランニングにはブルックナーを少し薄目に流すとちょうどあっている。
ニュアンスの細かい、集中力を要する音楽はちょっとランニングにはあわない。ドビュッシーとかメシアンとか曲を追えないから無理。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


樹林公園コース 10q走 緩め

2018/02/02 23:59
帰宅が23時ちょいだったので、少し疲れてはいたが、軽く走ることにした。
繁忙期まっさかりなので、今後いつ走れるかわからない、少しでも走れる時に走っておかないと。

日曜に20qを走った後遺症はけっこう大きく、水曜までは両膝の違和感と、左足裏の中指薬指付け根あたりの痛みが続いていた。木曜にようやく走れるくらいにまで戻ったが、降雪に業務多忙にて走れず、間が空いてしまった。今日はゆっくり走るジョギングというものにチャレンジするつもりで走り始めた。

さいわいにも昨日降った今年2回目の降雪は、雨でだいぶ溶け、1月半ばの残雪もだいぶ姿を消していた。
久しぶりに走りやすくなっている。

序盤はゆっくり6分台で走り出すが、次第に少しペースがあがってしまう。今日の靴はゲルフェザーグライド4。アシックスの銀座ストアで足形を撮って、二足目として購入した。
印象としては、ゲルカヤノ23に比べてダイレクト感が強い。固さは恐れていたほどではないものの、やはりそれなりにすねからふくらはぎに衝撃を感じる。軽さは感じるが、まだそれをスピードに結び付ける能力が、自分にはない感じ。

距離:10.04 km
時間:0:50'55"
スピード:5'04" /km
心拍:143 bpm(52-184)

【不調箇所など】
痛みは序盤は毎回痛む箇所が変わる。4kmくらいの地点から、右脚の裏面全体、ハムからすねにかけて広い範囲が痛くなる。痛みが続きやすい左足裏に負担がかからないように走っていて、負担がそのあたりに集中して、疲労がたまった感じ。使いすぎの筋肉痛みたいな痛み。
アシックスの銀座ショップで靴を買うときに、私の足の特徴として左足の方が強いといわれたが、それも影響しているか?また、カヤノに比べ、薄いクッションの新しい靴のため、接地時の衝撃の受け方や大きさも変わっているのも感じる。こちらの靴の方が、早く足が消耗する感じだが、路面からの衝撃はゲルカヤノに比べて自然に感じた。左足裏のいつも痛い個所が痛まなくなるのはプラス。
今日は最終的には、左膝前の中心あたりと右脚裏全体に痛みが残った。

ラン時のBGMはブルックナー交響曲第7番、ヨッフム&ベルリンフィル
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年2月のブログ記事  >> 

トップへ

つぎの峠につづく 2018年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる